結婚の際のご祝儀の金額

知人友人、親族が結婚をするともなれば、ご祝儀を包まなければいけません。
最近では規模の大きな挙式を行うことも少なくはなってきているので、お金を包む機会が少なくなってきてはいるのですが、習慣としては残っています。
相手との関係性によっても包む金額は異なってくるので、どのくらいが適しているのか、事前に調べておくと良いです。
一般的には割り切れるということで偶数の金額は包まないほうが良いと言われています。
2万円ではなく3万円、という形にしたほうが常識的だと言われていますが、どうしても出すことができない場合にはあまりこだわらなくても良いと言われています。
挙式にはお金もかかってくるので、ご祝儀が大きな収入になるのです。

結婚相談 婚活アプリ紹介メリンド広場

アーカイブ

  • 学歴は結婚には関係がないという人もいるのですが、日本はまだまだ学歴を重要視する傾向があるので、全く関

    結婚の際に気になる学歴

  • 結婚をするともなると費用が掛かってくるので、ある程度の貯金をしておくことも考えなければいけません。<

    結婚にかかる費用について

  • 結婚をしていても、様々な事情により別居をしなければいけない、ということもあります。
    仕事の都合

    必要に応じた別居について

  • 結婚をする際にお祝い金を受け取ることができる場合があります。
    中には自治体で受け取ることができ

    結婚のお祝い金について